俳優


清水 宏次朗(しみず こうじろう、1964年11月10日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都生まれ。身長176cm、体重65kg。所属事務所はFillmore Far East Inc.。現在は兵庫県神戸市長田区在住。 高校在学中に竹の子族の一人として原宿で踊っていたところをスカウトされ、芸能界入り。竹
33キロバイト (3,770 語) - 2021年2月15日 (月) 09:02



(出典 fnn.ismcdn.jp)


顔がむくんでいますね…

1 フォーエバー ★ :2021/02/17(水) 17:17:33.54 ID:CAP_USER9.net

1985年に公開された映画『ビー・バップ・ハイスクール』。『週刊ヤングマガジン』の人気連載漫画を実写化した同作は、大ヒットを記録し、日本全国のヤンキーを熱狂させた。6本のシリーズ作品となった名作映画の誕生から35年が過ぎ、“ビー・バップ軍団” は、どんな大人になっているのだろうか。

 まずは、『映画「ビー・バップ・ハイスクール」血風録 高校与太郎大讃歌』(辰巳出版)著者の名和広氏に、その魅力を聞いた。

「出演者が、一般公募された本物のヤンキーだったというのは、インパクトがありましたね。ヒロシ役の清水宏次朗さんは、すでに俳優として活躍中でしたが、トオル役の仲村トオルさんや愛徳一家のメンバー、各作の敵キャラは、ほとんどがオーディションで選ばれた若者たち。作品が進むにつれ、彼らの演技が洗練されていくんです。

 第4作『高校与太郎狂騒曲』で、トオルが真面目な学生を装い、ダブルデートをする場面があるんですが、饒舌にしゃべっていたトオルが、女のコから進学について聞かれると、『心臓が弱くサナトリウムに入っていて1学年遅れた』と言い訳します。

 この棒読みのような台詞回しは、遊び心の一環。1作めでは、こんな余裕を持った芝居はできなかった。役者の成長までも撮影した、稀有な作品ですね」

「愛徳の加藤」こと、ヒロシは強烈なハマリ役だった。しかし清水宏次朗さん(56)は、原作漫画も読んだことがなかったという。

「最初は、教師役だと思ってオーディション会場に行ったら、剃り込みがすごいのとか、パンチパーマとか、バカばっかりいるじゃん(笑)。

『コイツらの教師役は大変だなあ』と思ってたら、ヒロシの役に決まったんだけど、よくわかっていなかった。『僕は何役なんですか?』って聞いたら『お前、ビー・バップ読んでねえのか!』って怒られて(笑)」

 撮影中はトラブルが日常茶飯事だったという。

「助監督とか制作のコたちって、立場的には自分が上だと思ってるから、出演者に対しては『使ってやってんだ』くらいの感覚じゃない。そりゃ反発するよ(笑)。

 ボッコボコにやられたスタッフが俺に泣きついてきたので、不良連中に『向こうは真面目くんなんだから、やめちゃうかもしれないだろ』とか言ってたら、本当にスタッフ3人ぐらいが故郷に帰っちゃった(笑)」

 シリーズ全作を監督した那須博之氏も、バリバリの武闘派。走行中の電車から飛び降りる、ボタ山の頂上から車椅子に固定されて落ちる、巨大風船に乗せて飛ばされるなど、強烈なアクションシーンは今でも伝説になっている。

「那須さんはヒステリックでドSだから、無茶苦茶なことをさせるわけよ(笑)。いちばん無茶苦茶だったのは6作めの『完結篇』。

 最後、スケートリンクで撮影だったんだけど、俺がパラシュートで降りてくるクライマックスで、氷の下にシャチを入れて、ぶち破って出てくるってのをやりたいって真顔で言うんだ。『シャチがヒロシに襲いかかるから、それを倒すんだ!』って、無理に決まってんだろ(爆笑)。

 車椅子に固定されてボタ山から落とされたときも、4回めの転倒で肩を脱臼して救急車で運ばれて、痛み止めを打って現場に戻ったら『撮影続行』って言うんだから。役者を人間だと思ってないからね(笑)。最後のシーンの撮影が終了したときに、みんなで監督を抱え上げて、真冬の海に放り込んでやったよ(笑)」

 以後もVシネマや映画、ドラマなどで活躍した清水さんだが、2010年ごろから不安障害、アルコール依存症などに起因する原因不明の体調不良に悩まされた。

「4年前、病院に行ったら腹水が5リットル以上溜まってて、いろいろ検査したら『膵臓に穴が開いてる』って言われて即入院。手術しないで、パイプを通して穴を塞いだんだよ。医者が『このままの生活してたら余命1カ月だね』って言うからふざけんなよって思ってね。

 でも、半年入院のはずが1カ月半で退院できた。医者は奇跡だって言ってたよ。肝臓の数値も引っかかってたからね。全部、原因は酒なんだよね。今は、嗜む程度ってことで(笑)」

 現在は活動再開に向けて、ユーチューブなどを始めた。

「まずは体を治すのが一番。それと春くらいにテル(白井光浩さん)の作る作品に出るってこと。

 あとは『もう一回、歌ってほしい』って声が、けっこうあるんですよ。10年前に30周年のツアーをやったから、また近い将来、ライブなんかもやろうって話してます」

2021年2月17日 16時0分 Smart FLASH
https://news.livedoor.com/article/detail/19711466/

(出典 i.imgur.com)



(出典 livedoor.blogimg.jp)



(出典 auctions.c.yimg.jp)


【【芸能】『ビーバップ・ハイスクール』のヒロシが闘病告白「膵臓に穴が空き余命1カ月で…」】の続きを読む


【驚愕】窪塚洋介さん「もう20年以上、体洗ってない」と告白

衛生上はどうなんでしょう・・・。

NO.9255704 2021/02/15 00:30
窪塚洋介「もう20年以上、体洗ってない」と告白
窪塚洋介「もう20年以上、体洗ってない」と告白
俳優の窪塚洋介(41)が14日、フジテレビ系で放送された番組「ボクらの時代」(日曜、前7・00)に出演。

映画「ファーストラヴ」で共演した中村倫也、堤幸彦監督とトークを繰り広げた。

トーク番組への出演は珍しい窪塚。

「僕は無精なんで、こう見えて。体も洗いませんから」と明かし、堤監督を「えっ?!なんですか?」と驚かせた。

窪塚は穏やかに笑いながら「僕、体は洗わないですよ。もう20年以上、洗ってないです」と告白。

再度、堤監督が「えっ?!どういうこと?」と聞き直すと、「石けんをつけて身体を洗ったりしない。(シャワーで)流して。頭はシャンプーで洗いますけど」と説明。

「逆にそっちの方が劣化が少ないんじゃないかと思いますけど」と独特のこだわりを明かした。

「西洋医学にあまり頼らない、なるべく自然派でいく」主義だそうで、「断食やれば何でも治るだろう、っていつも思ってるタイプなんで、すごい研ぎ澄まされてるんです」と持論を披露していた。

堤監督は、窪塚が不良リーダー・キングを演じたドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)で演出を手がけていた。



【日時】2021年02月14日 20:49
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】


【【驚愕】窪塚洋介「もう20年以上、体洗ってない」と告白】の続きを読む


黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年(昭和8年)8月9日 - )は、TV司会者、俳優、作家。 愛称はトットちゃん、チャック。 日本でのテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍し、現在に至るまで唯一テレビ番組のレギュラーを継続して持ち続ける、テレビ放送史を代表する芸能人の1人である
114キロバイト (16,110 語) - 2021年1月11日 (月) 04:26



(出典 img.hmv.co.jp)


徹子さん、頑張ってください!!

1 ひかり ★ :2021/02/11(木) 21:14:58.42 ID:CAP_USER9.net

黒柳徹子(87)が司会を務めるテレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」(月~金曜午後1時)が今月2日に放送45周年を迎えた。

長きにわたり出演を続ける黒柳がこのほどコメントを寄せ、50周年への意欲を語った。

「徹子-」は1976年2月2日、初回ゲストに故森繁久弥さんを迎えてスタート。番組開始当初から編集を加えない“生放送スタイル”を貫き、10年4月27日には「同一司会者による最多放送記録」としてギネス世界記録にも認定されるなど、国民的長寿番組となった。

45周年の節目を迎え、黒柳は「まず、ものすごくうれしいです!毎日毎日ゲストの方をお招きしてお話をうかがってきましたが、それを積み重ねて45年という長い歳月が経ったんだなと思うと、やはりすごいことだなと自分でも驚いています」。出演ゲストやスタッフへの感謝も述べ「彼らとの“手抜きをしない打ち合わせ”をとても大事にしてきました。だからこそ、生放送のようにお話をうかがうことができるのですから…。そういうことをすべて総合して考えると、やはり『みんなでいい番組を作るぞ!』という気持ちがないとなかなかこんなふうには続かないと思うんです」と話す。番組を自分でも見るといい「『徹子の部屋』ってやっぱりとっても面白い(笑い)!自分でも面白いなと思えるなんて、とてもありがたいこと」と感謝する。

45年の間、収録に行きたくないと思ったことは「いちどもありません!」と断言。また「私にとってスタジオに行ってゲストの方々とお話しするのがいちばんの楽しみ!」。次の目標については「きりがいいのは50周年なので、それをとても楽しみにしています。たぶん1年ごとにワクワクが増していき、49周年のときなんてものすごく楽しみになると思うので、それを達成するために身体を鍛えています」と話す。

ジャイアント馬場さん直伝のヒンズースクワットを毎日欠かさず、健康維持に努めており「そのほかに体操も増やし、ごはんもおいしく食べて、とにかく身体の元気を保って楽しくやっていきたいと思っています。やっぱり楽しいっていうのは、とても重要なこと!」。新型コロナの影響でスタッフとの食事会がかなわないことを残念がりつつも、「でも何よりスタッフのみなさん一緒に番組作っていくことが楽しみですし、これからもどんなゲストとの出会いがあるのか、期待でいっぱいです」と意欲を見せている。

日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202102100000816_m.html?mode=all

(出典 www.nikkansports.com)





(出典 img.cinematoday.jp)



(出典 storage.mantan-web.jp)


【【芸能】87歳黒柳徹子さん「徹子の部屋」45周年 節目50年へ意欲!】の続きを読む


三浦 春馬(みうら はるま、1990年(平成2年)4月5日 - 2020年(令和2年)7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。最終所属はアミューズ。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍し、演技力に加え卓越した歌唱力とダンスの技術により「表現者」とも称された。
240キロバイト (29,317 語) - 2021年2月8日 (月) 16:48



(出典 img.jisin.jp)


悲しすぎますね・・・。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/09(火) 00:11:24.35 ID:CAP_USER9.net BE:829623389-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

2/8(月) 16:00
女性自身

三浦春馬さん死去からわずか半年…実父も1月に急逝していた
12年のドラマ『東野圭吾ミステリーズ』に出演した際の三浦さん/Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
「原因を追究したとしても、もう息子は戻りません……。これからの私は“春馬のいない残された時間”を、ただ生きていくだけです」

昨年12月、三浦春馬さん逝去後の心境を本誌にそう語っていた実父・Aさん(63)。だがその1カ月後、Aさんも急逝していたことが本紙の取材で分かった。

「Aさんが最後に目撃されたのは1月15日未明です。前夜、いきつけの飲食店に現れたのです。しかし朝の3時ごろ、『気分が悪くなった』と帰宅し、その後、連絡が途絶えてしまったのです。帰宅した直後に亡くなったということを聞いたのは、1月下旬のことでした。こんなに急にAさんがいなくなってしまったことに愕然として……」(Aさんの知人)

実はAさんは'17年に心臓にペースメーカーを入れる手術を受けており、その入院を機に息子である春馬さんの交流も復活していた。

「手術がうまくいって元気になった後には、いっしょに食事をしたり、酒も飲んだりするようになりました」

本誌にそうも語っていたAさん。だが昨年7月の愛息との別れからわずか半年後、Aさんもまた天国に旅立っていったのだ。

取材を進めるとAさんの兄であるBさん、つまり春馬さんの“伯父”にあたる人物が密葬の喪主を務めたと判明した。Bさんは本誌に、次のように語った。

「1月15日、病院から私に連絡が来て、弟が他界したことを知りました。アパートから救急搬送されて、その先の病院で亡くなったそうです」

2月9日(火)発売の「女性自身」では春馬さんとAさんの交流秘話、春馬さん逝去後のAさんの失意の日々、そして伯父が明かしたAさんの最期などについて伝えている。

「女性自身」2021年2月23日号 掲載


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8913b8d426297cd46402b063d5ab419ac3224ef1


(出典 www.sanspo.com)



(出典 dot.asahi.com)


【【悲報】三浦春馬さん死去からわずか半年…実父も1月に急逝していた】の続きを読む


【長谷川博己】 最終回「本能寺の変」見どころに「言いすぎちゃった?」


長谷川博己 最終回「本能寺の変」の見どころに「言い過ぎちゃった?」
 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公の明智光秀を演じる俳優の長谷川博己が6日、NHK総合「土曜スタジオパーク」に生出演し、7日に放送される最終回…
(出典:デイリースポーツ)


長谷川 博己(はせがわ ひろき、(1977年〈昭和52年〉3月7日 - )は、日本の俳優。愛称は「ハセヒロ」。東京都出身。ヒラタオフィス所属。 八王子学園を経て、中央大学文学部卒業。在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていた。2001年、文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。
24キロバイト (2,747 語) - 2021年2月6日 (土) 08:32



(出典 www.sanspo.com)


「本能寺の変」楽しみです。

【【長谷川博己】 最終回「本能寺の変」見どころに「言いすぎちゃった?」】の続きを読む

このページのトップヘ